ワフショコラとは

ショップ名について

フランス語で「Ouaf!(ワフ)」は「ワン!」、「Chocolat(ショコラ)」は「チョコレート」という意味があります。
オーナーの実家にいた愛犬ラブラドールレトリーバーの名前が「チョコちゃん」。
私の大好きなチョコレートと愛犬の名前をかけて、「Chocolat」というフレーズが生まれました。

ロゴについて

Ouaf!Chocolatロゴ

Ouaf!Chocolatのロゴは、真ん中のパウマークと途切れた円から出来ています。
この途切れた円は、Ouaf!Chocolatの「O」「!」「C」が組み合わさって出来た円です。
そしてパウマークは、チョコちゃんの本物の足跡からかたどったものなのです!リアルパウマーク!
ショップ名と愛犬への想いがたっぷりつまったロゴになりました。

ブランドコンセプト

ワンちゃんのうれしくて喜んでいる鳴き声が聞こえてくる。
「Ouaf! Ouaf!」しっぽをフリフリして。
それはあなたがとびっきりの笑顔だから。

甘くておいしいチョコは、私をとっても幸せな気持ちにさせてくれる。
Ouaf!Chocolatの商品が、私にとってのチョコのように、あなたをとびっきりの笑顔に。

ワンちゃんをいつでもどこでも近くに感じられるように、
犬が大好きなあなたにかわいい雑貨を届けたい。

Ouaf!Chocolatの商品について

Ouaf!Chocolatの商品は、犬をイメージするパウマーク・ボーンなどのイラストと、カフェをイメージするスイーツ・ティーカップなどのイラストを用いたオーナーさんのためのオリジナル商品です。
現在は、メモ帳・シールといったステーショナリーから、フォトアルバム、ラッピング用品、ギフトに大人気のタオルハンカチなどを取り揃えております。

私は、自分がほしい!使いたい!と思うものだけを、商品化することにしています。
それは、無駄なものは作らない。自分が欲しくないものは、みんなも欲しくない、そう思うからです。
また、みんなが欲しいものは何だろう、使うものは何だろう、という視点からも考えています。

みなさまの意見も取り入れていきたいと思っていますので、こんな商品が欲しい!こんなデザインがあったらいいな!などのご意見もお気軽にどんどん寄せてくださいね。

こだわったオリジナルデザイン

一からオリジナルデザインを考え、思わずほしくなってしまうような、わくわくするかわいい雑貨を生み出せるように努力しています。

デザインは、「Simple is Best」をモットーに、派手すぎずシンプルで可愛いと思えるデザイン、また大人が持っていてもカッコ可愛いと思えるデザインを意識してデザインしています。
さりげなくパウマークがあったり、ただただパウマークだけのシンプルなデザインであったり。

色をとっても、ただ「ブラウン」カラーといっても色んな「ブラウン」カラーがあります。
自分好みの、チョコレートっぽい明るすぎないブラウンにするため、何度も印刷してみて色を比べました。
シール製作の際は、生産依頼先にお願いして何度も色調整を行っていただきました。
デザインを気に入っても、色が可愛くない気に入らないといらないな、ってなってしまいますよね。

アルバムの表紙の材質も、サンプルから材質と色を選び、少しコストはかかってしまいましたが納得のいくものが出来ました。
カードなどの印刷ものも、たくさんある紙カタログの紙の中から、自分の手で厚みと質感を確認し、用途も考えつつ、ひとつずつ異なる材質のものを選んでいます。

そこにパウマークがあるだけで・・・
一気にワンちゃんを感じられるそんな商品。

ありそうでなかった、オーナーさんのための犬のオリジナル雑貨屋さん。
みなさんに商品を愛していただけるように、心をこめてお届けします。

オリジナル雑貨を作ろうと思ったきっかけ

私が犬をモチーフにしたオリジナル雑貨をつくろうと思ったきっかけは、実家で飼っていた愛犬の写真を入れるフォトアルバムを探していたときでした。
パウマークやボーンが入ったかわいいアルバムはないかなぁと探していたのですが、その時は全くそのような商品がなく、結局目当てのものは見つけられませんでした。

「ちょっとパウマークとか入っててかわいらしいデザインのがあったら買うのになぁ。」

それに、なぜか思い描くようなデザインの商品が出てくること自体が想像できませんでした。
そしてその時、ただただ単純にこういう気持ちになりました。

「自分でつくったらいいんちゃうん!」
「そうや、自分でデザインしてほしい商品つくろ!」

その当時は学生だったので、その夢を持ちながらも、それから数年、雑貨屋さんに行ったら犬がモチーフの雑貨がないか探していました。
犬がモチーフの雑貨が仮にあっても、犬種が特定されていたり、かわいいと思えるデザインのものがなかったり...。
はたまた、猫ちゃんの雑貨はあるのに...。

そんな現実がどんどん夢を固くしていき、将来、パウマークやボーンなどをモチーフにしたかわいい雑貨をネットで売ろう!と決めました。

ショップオープンに拍車をかけた出来事

私の実家では、ラブラドールレトリーバーの親子2匹を飼っていました。
お母さんのチョコちゃんと息子クランチくん。
実は、息子のクランチくんが2014年2月に天使となってしまいました。
さらにその日は、私が結婚のお披露目で実家に帰り、神奈川の自宅へ戻った次の日でした。
「ゆきちゃんおめでとう!」って言ってくれるために頑張ってくれてたんだな、と強く感じました。
とても胸が熱くなり、さらに楽しかった思い出が溢れるほどよみがえり、突然の出来事に、現実を受け入れることがなかなか出来ませんでした。

そんなクランチ君は、とっても人気者で、こんなに?!というくらいお友達からたくさんお花をいただきました。
みんなから愛されて、本当にクランチ君はとっても幸せものです。

そんなお花をいただいた方たちに渡すお礼として、みんなが使えるハンカチにしようと決めました。
ちょうどOuaf!Chocolatの準備をそろそろ始めようと思っていたけれど、具体的な内容まではまだ決めていなかったタイミングで、それならまず最初のきっかけとしてこのタオルハンカチを私が作ろう、そう思いました。
さらに、既存品ではなく、私の手で作って渡したい。
その方がクランチ君も喜んでくれるんじゃないかな、と思いました。
出来上がったタオルハンカチを渡した方たちには、とても喜んでいただき、「クランチ君の想い出と共に大切にします」とたくさん嬉しいコメントをいただきました。

このタオルハンカチをきっかけに、少しでも早くショップをオープンしようと思い、準備に拍車がかかり無事オープンを迎えることができました。

Ouaf!Chocolatは、チョコちゃんとクランチくんへの想いがつまった、とてもとても大切なショップです。
みなさんにとっても、このショップ・商品たちが大切なワンちゃんたちのように、大切なものになってくれたらとても嬉しいです。
さらに、そんな大切なワンちゃんたちと愛のある楽しい生活が送れることを祈っています。

プロフィール

名前:黒川 優喜
職業:Ouaf!Chocolatオーナー、Webコーダー、主婦
趣味:娘の写真を撮る、ワフショコラのデザイン、Webのお仕事
好きな食べもの:カレーうどん、焼肉、チョコレート
好きな場所:京都、リゾート、空気がきれいなところ

経歴

1986年、京都市で生まれる。京都で育つ。
2009年、同志社大学工学部卒業。同年、京都のWeb制作会社に就職。
2010年11月、転職をきっかけに上京。東京のIT企業に転職。
2013年夏、結婚を機に退社。同年、某広告代理店グループ会社に転職。
2014年夏、ショップオープン準備のため退職。フリーランスで仕事をしながら専業主婦となる。
2015年1月15日、「Ouaf!Chocolat」ネットショップオープン。
2015年12月、マイナビ独立「先輩インタビュー」に掲載される。
2016年5月、地元京都を拠点とする。
2017年6月、第1子を出産。

ワンちゃんとの生活

うちには生まれたときから犬がいました。その当時は、雑種のコロン、キュウちゃんと一緒に生活していました。
私が中学生の時、コロンが天使になったことをきっかけに、ラブラドール・レトリーバーのチョコちゃんが家族の一員になりました。ショップに見に行くまでは軽い気持ちだったのに、チョコちゃんを見た瞬間、運命を感じてすぐにうちに連れて帰りました。なんともキュウちゃんの面影があり、生まれ変わりのような気もしました。

2005年4月の大学入学と共に、チョコちゃんが赤ちゃんを出産。一番甘えん坊でやんちゃだったクランチくんと一緒にいることを決めました。
チョコちゃんとクランチは、本当にとっても仲良し親子で、クランチが小さいときはチョコちゃんがしつけしてくれたおかげでお利口さんになってくれました(笑)
チョコちゃんはとってもマイペースな性格で、ちょっとどんくさくて、その姿に癒されます。
クランチは、セラピー犬としても活躍して、たくさんのお年寄りの方たちも癒してくれました。

そんなクランチが突然、2014年2月に8歳という若さで天使となってしまいました。
私も両親も、そしてチョコちゃんもしばらく現実を受け入れることができませんでした。いや、今でもやっぱり思い出してしまいます。あの笑顔を。
でも悲しんでばっかりいても、クランチも嬉しくないはず。クランチは私たちが笑ってる姿をみて、しっぽをブンブンふりまわしていたから。

そんな中、同年10月に新しい家族がやってきました。また同じチョコラブのチップくん(♂)が家族の一員になりました!
元気いっぱい、家族みんなに笑顔が戻りました。

しかし、クランチくんが亡くなってからのチョコちゃんは、一気に元気がなくなり、度々病気を繰り返すように。
闘病生活を繰り返し、チョコちゃんなりにとってもよく頑張りました。
面影を感じていた先代のキュウちゃんの命日と同じクリスマスイブ、2015年12月24日に天使になりました。
365日ある中で全く同じ日とは、やっぱりチョコちゃんはキュウちゃんの生まれ変わりだったようです。

生まれ変わりとして、チョコちゃんとまたどこかで会える気がしています。